中国の大気汚染はかなり深刻。晴れの日に地上100階・上海ヒルズの展望台から見た景色【中国・上海】

上海環球金融中心

昨日は上海の上海環球金融中心(通称:上海ヒルズ)行ってきました!

このビルには上海で有数の展望台があって、地上100階の高さから上海を一望することができます。

 

上海環球金融中心(通称:上海ヒルズ)

上海環球金融中心

 

この上海環球金融中心は、多くの会社のオフィスやホテルなどに使われていて、94階から100階までは展望台として営業されている2008年にできた比較的新しい上海の観光名所です。

上海環球金融中心

見る角度によって形が違うように見えます。

 

地上100階からの上海の景色

上海環球金融中心

地上100階からの上海の眺めです。上海のシンボルである東方明珠塔も見えます。

かなり霧がかって見えますがこれは曇りの日に行ったわけではなく、雲ひとつない晴れの日に行きました(^_^;)

スモッグで遠くまでよく見えない状態になっています。

中国人の友人の話だと、

「北京のスモッグはだいぶ前からだけど、上海でも数年前からこんな感じ」

だそうです。

もちろん季節や気温、湿度によってスモッグの濃さは変わるので、常にこのような状態ではないですけど、

この日はかなりスモッグが濃かったと思います。

上海環球金融中心

さすが中国で最大の都市だけあって、ものすごく大きいです。

 

気になるお値段

上海環球金融中心

100階・97階の展望台と94階の写真の展示会を合わせてセットで大人一人220元 (約4400円)です。

なかなか高額ですよね(^_^;)

上海に住んでいる中国人の友人は一度も上までのぼったことがないそうです。

彼女いわくこの展望台は外国人観光客や他の都市から観光に来た中国人のためで、

「ただ上に連れて行って景色を見せるだけでこの値段はちょっと…」

物価が安い中国なのにさらにこの額の入場料はちょっと高すぎますよね。

 

まとめ

上海環球金融中心(通称:上海ヒルズ)の展望台へ上った体験をシェアしてみました。

明日は上海ディズニーランドに行ってみようと思います。

ではでは!

上海環球金融中心

シェアよろしくお願いします!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

個人ブログ『Backyee.com 』で日々好きなことを綴っています。2017年9月より青年海外協力隊コミュニティ開発でスーダン・カッサラへ派遣予定です。あまり目立たないけど実は貢献してる、マケレレのような存在になるのが夢です。