青年海外協力隊としてドミニカ共和国に行くことができるかも!まだ正式決定ではないけれど…

グーグル・マップのスクリーンショット

先日、試験に落ちました。Youtubeで「試験落ちた」と検索して励まされた。という投稿をしたんですが、

なんとなんと今日青年海外協力隊事務局からのメールで「ドミニカ共和国からあなたに適任の仕事があります!」というメールが届きました!

まだ返事をしてないですし健康診断を受けてちゃんと健康であることを証明しなければいけないので、まだ正式決定ではないですが、ずっと行きたかったスペイン語圏の国に行けそうです(^^)

今日はそんなドミニカ共和国について紹介したいと思います。

 

ドミニカ共和国の基本情報

日本の外務省のデータによると、

面積:48,442平方キロメートル (九州と高知県を足した大きさみたいです)

人口:約1041万人(2014年:世銀)

首都:サントドミンゴ

言語:スペイン語

宗教:カトリック

日本より面積も人口もだいぶ少ないですね。スペインの植民地だったので、公用語はスペイン語です。

 

ドミニカ共和国ってどこ?

Googleマップさんによると、ドミニカ共和国は中米に位置していて、カリブ海に浮かぶ国みたいです。

ちなみに…

ドミニカ共和国の近くにドミニカ国という全く別の国もあります。こんなに間違いやすそうな2つの国って他にはなかなか見当たりませんよね(^_^;)

 

ドミニカ共和国の治安

外務省の海外安全ホームページで確認するとドミニカの危険度は下の感じです。

海外安全ホームページ スクリーンショット

このように国全体がレベル1なので、現時点ではそれほど治安が悪いようではないようです。ただこの海外安全ホームページでは、

ドミニカ共和国では、誘拐事件が年間30件前後発生しており、外国人が被害に遭う事件も発生しています。また、被害の対象は富裕層だけではなく、また、首都に限らず地方都市でも事件が発生しています。これらの事件には、財産の強奪を目的とした短時間誘拐事件も含まれています。
近年では、車に乗せられ、車内で貴重品を奪われた後、車から降ろされたという誘拐に類似する事件も発生していることから十分な警戒が必要です。

と書かれているので、このような事件には巻き込まれないようにしないとなぁ。

 

まとめ

今日は、すごくうれしい日でした。特に不合格のあとすぐにこのような結果をもらえたので、夢をみているみたいな気持ちになりました。

特にずっと習得したいと思っていたスペイン語圏の国なので、これで将来、日本語、英語、スペイン語のトリリンガルになる夢がようやく叶えられるかも。

まだ正式決定ではないけれど、また後日ドミニカ共和国や青年海外協力隊についての記事もアップしていきたいと思います。

ではでは。

グーグル・マップのスクリーンショット

シェアよろしくお願いします!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

個人ブログ『Backyee.com 』で日々好きなことを綴っています。2017年9月より青年海外協力隊コミュニティ開発でスーダン・カッサラへ派遣予定です。あまり目立たないけど実は貢献してる、マケレレのような存在になるのが夢です。