何のために留学するの?ー回答「英語を身につけるため」は正しいか?

ロンドンのテムズ川

こんにちは、ばっきーです。

突然ですが、みなさんはもし、

留学するのはなんのためだと思いますか?

と聞かれたらどう答えますか?

「語学を学ぶため」だとか、「異文化交流がしたい」とか、10人いれば10通りの目的があると思います。もちろん一人でたくさんの目的を持っている人もいれば、もっとピンポイントに「この教授のもとで学びたいから!」という強い目的意識を持っている人もいますよね。

ぼく自身は、ずっと苦手だった英語を身につけること、そして自分の学部時代の専門であり、イギリスが世界で最も進んでいるとされる開発学(発展途上国が今後発展していくためにはどうすればいいかについての学問)を学ぶことでした。

今日はまず、「英語を身につけるための留学」について考えていきたいと思います。

 

1.否定派「英語を身につけるのに留学する必要はない」

留学否定派の方って結構いますよね。

ただ、こういう方々はもちろん留学を全面的に否定をしているわけではなくて、

「英語を身につけるためだけなら、留学なんかしなくても日本でできるし、そっちのほうがダンゼン安い」

っていうあくまで「相対的にみて」の意見が大半だと思います。

現代ではインターネットの普及で日本にいても海外ドラマやニュースなども簡単にみることができますし、本屋にいけばあふれるほど英語教材があります。

確かになんとなく日本にいても英語力って身につけられそうですよね。

 

2. ボクの意見「確かに日本にいても身につけられるかもしれないけど、凡人にはムリ」

ボク自身、学部時代から「英語を身につけたいなぁ」とずーーーっと思っていました。

しかし、いつも英語を勉強しようと思いたち本屋に行って英語教材を買ってみても、三日坊主にすらならずにすぐに本棚の奥で眠ってしまいます。

たしかに「自分は絶対に将来グルーバルに活躍できるようになるんだ」っという意志のすごい強い方は、コツコツと継続的に英語を勉強していくことができるんだと思います。

ただボクのような意志がそれほど強くない人間にとっては、やはりほぼ英語を使う環境にない日本では英語を身につけることは難しかったです。

 

3.留学→英語力を身につけるための環境に強制的に置かれる。

留学をすると、生きるために英語を話さなくてはいけない状況に身を置くことができます。

部屋にこもってYoutubeなどで日本のコメディやニュースを観ている時間を除けば、ほとんどの時間英語に触れることになります。大学や語学コースの時間だけではなく、日常生活で買い物をするにしても、友達とPubに行くにしても、必ず英語を聞いて、話す必要があります。

こういった状況を日本で作るのはほぼ不可能だと思うんですよね。もちろん日本でも英語力がある程度あって、シェアハウスなどで外国人の友達を作ってコミュニケーションをとり、インターナショナルな環境で生活することもできますが、それもあくまで英語力がある程度身についた後の話ですよね。

 

まとめ

英語に限らず語学を身につけるためには、できるだけ長い時間その言語に触れる必要があります。

なので普通の人が英語を身につけるにはやはり留学は一番良い方法だと思います。学位を取るなどの明確なゴールのある留学ではなくても、英語を身につけるために留学することもとても理にかなった決断だと思います。

ではでは〜

 

ロンドンのテムズ川

シェアよろしくお願いします!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

個人ブログ『Backyee.com 』で日々好きなことを綴っています。2017年9月より青年海外協力隊コミュニティ開発でスーダン・カッサラへ派遣予定です。あまり目立たないけど実は貢献してる、マケレレのような存在になるのが夢です。