IELTSスピーキング・パート1の頻出トピックと重要なポイント

IELTS対策本の写真

IELTSスピーキング・パート1のトピックは広範囲にわたります。
今日は、具体的なトピックについて紹介しようと思います。

IELTSスピーキング・パート1の頻出トピック

IELTSスピーキングパート1の頻出トピックは、次のようなものがあります。

  1. Where you live
  2. (a) Your studies, (b) Your job
  3. Hobbies
  4. Sports
  5. Television
  6. Music
  7. Reading
  8. Email
  9. Learning English
  10. Writing
  11. Clothes
  12. School (Primary school)
  13. Friends
  14. Festivals
  15. Meeting new people
  16. The sea
  17. Computers
  18. Collecting things
  19. Dancing
  20. Learning languages
  21. Rain
  22. Hotels
  23. Relaxation
  24. Outdoor activities
  25. Memories
  26. Childhood
  27. Weather
  28. Happiness
  29. Shopping
  30. Films
  31. Weekends
  32. Going out in the evening
  33. Animals
  34. Routines
  35. Family
  36. Cooking
  37. Weddings
  38. Public Transport
  39. Travelling
  40. Names
  41. Restaurants
  42. Food
  43. Birthdays
  44. Seasons
  45. Flowers
  46. Birds
  47. Photography
  48. Buildings
  49. Museums
  50. Cycling
  51. Healthy eating
  52. Colours

などが挙げられます。

IELTSスピーキングパート1のトピックはこれだけではなく、実は他にも数えられないほどあります。
毎年新しいトピックが追加され、古いトピックは削除されたりしています。

ぼくが聞かれて少し驚いたのは、

「Do you like trees?」

木が好きかどうかなんて考えたことない!ってツッコミたくなるような質問でした(^_^;)

パート1で重要なこと

重要なことは、パート1のトピックは全てどんな人にとってもかなり馴染みのあるものだということです。
もし仮にスポーツが嫌いでも、スポーツに関する基本的な質問には答えられるようにしないといけません。

また、トピックの内容は“一般論”です。
例えば食べ物に関する質問では、食べ物全般や受験者の国の食べ物についてであって、“日本食”と特定された質問は出ないです。

ぼくはロンドンでIELTSを受けたこともありますが、そこで“イギリス料理”について聞かれてもよくわからないですよね。
なのでそのようなある特定の国や地域に関する質問は出ません。

パート1で役に立つ豆知識の1つは、トピックや質問は、どの国であっても全ての受験者が全ての質問に答えられるようにデザインされているということです。

例えば、

“What food is popular in your country?” 

“What food do you like eating?”

と質問されることがあっても、

“How do you make Japanese sushi?”

“Do you prefer noodles or rice?”

と聞かれることはありません。

まとめ

今日は、IELTSスピーキング・パート1で頻出トピックについて、重要なポイントもおさえながら紹介しました。

次回の記事では、具体的にどのように対策をしていくのかについて触れていきたいと思います。

IELTS対策本の写真

シェアよろしくお願いします!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

個人ブログ『Backyee.com 』で日々好きなことを綴っています。2017年9月より青年海外協力隊コミュニティ開発でスーダン・カッサラへ派遣予定です。あまり目立たないけど実は貢献してる、マケレレのような存在になるのが夢です。